シーエステックの得意な分野

医療から自動車分野まで対応
打ち抜き加工に、スピーディーさと精密さを

1999年の設立以来、シーエステックはフィルム加工、トレー加工、プラスチック加工に関する様々なご依頼に応えてまいりました。 設立以来、大切にしていることは「チャレンジすること(Challenge)」&「スピーディーに対応すること(Speed)」。これはシーエステック(CSTEC)の社名の由来にもなっています。

テープ加工・フィルム加工における得意な分野

医療

医療

弊社のフィルム加工技術、フィルム貼り合わせ加工技術を活かし、ライフサイエンスで使用される容器やチップなど幅広くご提案することが可能です。1個の試作から、量産まで見据えた材料提案も可能。特に細胞培養に関するプレートや診断・分析に使用されるマイクロ流路に関しては様々なフィルム加工の組み合わせで、お客様のご要望に沿った製品のご提供が可能です。

理化学

理化学

大学の研究室や、企業の研究部門の方が使用されるテープ、ゴム、ラベル、断熱材などを1個からでも金型無しで加工することができます。また、理化学製品取り扱い企業様のOEM製造も弊社で可能です。例えばマイクロプレート用のシール材や、1536プレートのような細かい穴のシールやテープもご要望に応じて、企画製品の加工からパッケージングまでトータルに対応可能です。

自動車

自動車

自動車の安全装備の中で、周辺監視のためのセンサーの部品にはより高い精度が求められています。弊社ではフィルム加工にUVレーザーなどを組み合わせて、バリの無い高精度な加工を実現できます。例えばセンシング部分に数十μの穴を精度よく最小限のバリで加工することも可能となりました。パネル周りで使用されるOCAテープや高硬度なハードコートフィルムなどもブロッキングやクラック無しで、クリーンルーム内で加工できます。

電気電子

電気電子

テープ・フィルムの加工および貼り合わせは全てクリーンルームで対応しています。また、金型で加工不可能な微細加工は、レーザーと打ち抜き加工の抱き合わせ加工で、安価に量産することが可能となりました。センシングに使われるような取り扱いが困難な薄いフィルムでも、UVレーザーでバリの無い微細加工が可能です。

シーエステックの強み・得意なこと

多品種、小ロット、短納期でフィルム加工を実現

弊社は、両面テープやフィルムの打ち抜き加工を、高品質・短納期で供給することはもちろん、材料選定のご提案も行っています。また多品種小ロットの試作についても、材料選定から完成までお手伝いいたします。 皆様の製品開発を、シーエステックがサポートいたします。

難しいご要望を叶えるアイデアと製造設備

難しいご要望を叶えるアイデアと製造設備

テープ、フィルムを精度よく加工することはもちろんですが、今まで型による打ち抜き加工では実現不可能だった微細な穴や形状については、弊社の5つの波長を有するレーザー加工機で加工することが可能となりました。
これまで諦めていた形状や、試作レベルで高額なフィルム加工をしていた方も、量産を見据えた加工が可能です。それを可能にしたのが、弊社の打ち抜き加工とレーザー加工の組み合わせ、ハイブリッド加工です。

弊社の設備は、プレス機、レーザー機とも高精度なCCDカメラで補正しながら加工が出来るため、微細な部分はレーザー加工、その他は型で実施するという方法で、安価に量産を見据えた微細なテープ加工・フィルム加工が可能となりました。

部材の調達・加工からパッケージングまで全ての工程をシーエステックで対応可能

部材の調達・加工からパッケージングまで全ての工程をシーエステックで対応可能

例えば、テープ・フィルムの打ち抜き後、ワークにて貼り合わせ加工を実施します。そしてトレーにワークを並べて、乾燥剤を入れ、アルミ袋で脱気シーラで梱包するというパッケージングまでの対応がシーエステック1社で可能です。
特筆すべきことは、全ての工程、部材を自社で設計、調達できるため、短納期の立ち上げ納入が可能となるという点です。

お客様に対するスタッフの思い

お客様に対するスタッフの思い

弊社は短納期や試作・量産に関して、お客様のご要望に応じてフレキシブルに対応できるよう、設備や社内体制を整えています。
しかし、様々なご要望を実現する一番のカラクリは、お客様に対するスタッフの真摯な思いです。よい商品をお届けするためのものづくりの仕組みだけでなく、Face to Faceのヒューマンタッチを大切にしています。システムがあっても、そこに携わる人の気持ちが重要ですので、お客様に喜んでいただき、短納期をやり遂げることをモットーに、日々励んでいます。